毛孔性苔癬/二の腕のブツブツの正体とは?

「二の腕のブツブツが気になる」
「毛穴が盛り上がって目立ってしまって……」
という方でも、ちゃんとした病名については知らないことが多いでしょう。
二の腕のブツブツは毛孔性苔癬という難しい病名がついています。
この毛孔性苔癬の原因や治し方について解説してみました。

毛孔性苔癬ってどんな病気?

毛孔性苔癬は、二の腕の毛穴が詰まり赤茶色のブツブツができてしまう症状で、小学生高学年の頃から発症する場合が多いと言われています。二の腕から広がって背中や顔の頬辺りまで広がることもあり、遺伝的要素が高いとは言われていますがはっきりとした原因は不明なのが現状です。
毛孔性苔癬はニキビとは違い、一つの赤みが広がる事や凹んで治るといったこともありません。年齢が上がるにつれて改善していく傾向にありますが、30代以降になってもなかなか改善されない方もいるようです。
痛みを伴うことはなく健康面で影響はありませんが、若い女性にとっては深刻な悩みになることも多いです。
毛孔性苔癬は毛穴が盛り上がっているためニキビのように潰してしまう方も多いです。ですが一度潰してしまうと跡になって残ってしまうこともあるので注意が必要です。

毛孔性苔癬の治し方

塗り薬による治療

毛孔性苔癬で処方される塗り薬は、尿素が配合されたクリームを出されることが多いです。尿素は角質を溶かしてくれる働きがあるため、固くなった角質を溶かしてブツブツを改善させることを目的としています。
ただ、こちらは長期間の使用は出来ませんので効果は限られてきてしまいます。
塗り薬での根本的な改善は難しいと言われています。

 

ケミカルピーリング

次にケミカルピーリングという方法があります。
ケミカルピーリングはフルーツ酸を使用し角質をほんの少しだけ剥がすという治療です。塗り薬よりも改善効果がありますが、長期にわたり皮膚科に通わなければいけないというデメリットがあります。そのため、なかなか効果の実感が出ないという方も多いです。

 

レーザー治療

最後にレーザー治療です。
レーザー治療は、肌の深い部分にまで熱エネルギーを届けることが出来るため、より効率的に治療が行えるようになりました。角質とともに毛穴を塞ぐむだ毛や深層部の黒ずみにまでしっかりとアプローチを行い、ブツブツの肌をなめらかですべすべの肌へと導いてくれます。むだ毛が生えてくることがなくなればブツブツが出来ることも少なくなり、毛穴周囲の黒ずみも改善してくれるのがレーザー治療の良い点です。
少ない回数で治療が終了するという点も嬉しいポイントですよね。

 

毛孔性苔癬は治療が難しいと言われていましたが、医学の進歩とともに確実に改善への道は開けてきています。
また、上記の治療方法を併用して行えばより早い段階で効果を実感する事が出来るでしょう。
ケミカルピーリングやレーザー治療を行う場合でも、同時に黒ずみ対策の美白用クリームを併用する場合も多いようです。美白用クリームは種類がさまざまありますが、医師のもとで使用することが出来るため何かあったときでもすぐに対処してもらえる点でも安心出来ますよね。

 

上記の治療法や美白用クリームを使用する場合は、いずれの場合も紫外線には特に注意しなければいけません。肌が無防備な状態で晒されているため、少しの紫外線でも吸収して肌荒れを起こしてしまう危険性があるからです。
特に夏からケミカルピーリングやレーザー治療を始める場合は、しっかりと紫外線対策が出来る環境にあるかを考えてから治療を始めましょう。すぐに始めたい気持ちもわかりますが、せっかくお金をかけても肌が荒れてしまっては意味がありませんよね。

 

そこまで急ぐ必要がないのであれば、涼しくなる秋冬になるのを待ってからの治療をおすすめします。

 

自宅で出来るケアもたくさんありますので、まずはそういったスキンケアにチャレンジしてからでも遅くはないはずです。皮膚科での治療は効果が高いですが、その分出費も多くなってしまいます。自分で出来るところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

適切な治療を行えば、毛孔性苔癬は改善出来る可能性が高いです。
諦めずにスキンケアを続けて、誰に見られても恥ずかしくないなめらかな二の腕を目指してみませんか?